47

47といえば


赤穂浪士。
赤穂浪士は元禄十五年12月14日(1703年1月30日)深夜、旧主・浅野長矩の仇(※)である高家吉良義央の屋敷に討ち入り、吉良義央および家人を殺害した(赤穂事件)元赤穂藩士大石良雄以下47人の武士のこと。
忠臣の鑑といわれるが、見方によっては、

裁定に従わず、武装徒党組み、他家に押し入って狼藉を働いた浪人集団

でもあるよね汗。
褒めて生かしたら、福島正則のとことかみたいに、言いがかりでつぶされた藩の浪人が我も我もとお上に逆らってくるかもしれないし。
実際慶安の変~慶安4年(1651年)4月から7月にかけて起こった事件。由比正雪の乱、由井正雪の乱、慶安事件とも呼ばれる~とか起きかけたし。
浪人をじゃかすか作った幕府もアレだけど、そうしなきゃ幕府を安定させられなかったろうし。
浪人対策…ねえ…

浪士等は、各大名家預かりになった46名全員預かり先で十分もてなされてのちに、全員切腹の沙汰受けて世を去った。

(あれ。一名欠けてる・・・※※)

でもとりあえず。
合掌。


※  本来の意味での仇、とはちょっと違うかも…

※※ 間新六、寺坂吉右衛門、萱野三平の三墓もいろいろあったので(出来た、供養墓として)ので、泉岳寺には今は48墓あるそうです

この記事へのコメント