427

427といえば



大ミサ曲ハ短調K. 427 (417a) 。
大ミサ曲ハ短調K. 427 (417a) は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した未完成のミサ曲。
資料によって

「ミサ曲ハ短調」


「ハ短調ミサ曲」

とも呼ばれる。
また一連のミサ曲において17番目に当たることから

「ミサ曲 第17番」

と表記されることもある。
モーツァルトの宗教音楽では、
レクイエムに次いで有名な曲である。

モーツァルトの作品としては珍しく、注文を受けずに自発的に作曲されたものだという。

全体は未完のまま残されており、

「キリエ」
「グローリア」
「サンクトゥス」
「ベネディクトゥス」

はすでに完成されている。

「クレド」

は前半部分が未完。
第1部(クレド・イン・ウーヌム・デウム)は合唱とバスのパートが、
第2部(エト・インカルナトゥス・エスト)は声楽部と管楽とバスが、
完成されている。

それに続く

「クルシフィクス」

は書かれておらず、

「アニュス・デイ」

は欠落。
このためモーツァルトの没後になってから補筆が行われることになった。

ロビンス・ランドン版


バイヤー版

等があるという。

作曲時期は1782年末から1783年にかけて。
以前までは時期不明とされていたが、近年になってかなり明確となったようだ。

この記事へのコメント